So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ

2010年得点ランキング [その他]

2010年1月開始
2010年12月19日現在

# Name Goal(内県リーグ)
---------------------------------------

07 福山  40(5)
17 福田  23(7)
08 山内  15(4)
21 長谷川 8(2)
11 本間  7(1)
14 北澤  7(2)
03 小菅  6
09 安田  6(1)
23 水野  6
20 川村  6
15 前田  5(1)
10 山田  3
04 吉岡  3
19 丸山  2(1)
27 山上  1

---------------------------------------

【対象となる大会】
県リーグ、選手権、フェスティバル、川崎市リーグ、神奈川県オープンリーグ

2010年アシストランキング [その他]

2010年3月13日開始
2010年12月19日現在

# Name Assist(内県リーグ)
---------------------------------------

07 福山  15(3)
14 北澤  13(2)
17 福田  11(1)
21 長谷川 6(1)
08 山内  5
09 安田  5(4)
04 吉岡  4
11 本間  4
15 前田  4(1)
16 門田  3(2)
19 丸山  2(2)
23 水野  2
01 佐野  1
24 山上  1

---------------------------------------

【対象となる大会】
県リーグ、選手権、フェスティバル、川崎市リーグ、神奈川県オープンリーグ

もうひとつの【アディシエCUP】報告 [その他]

2010年2月14日
第二回 adi-sieCUP

出場してくれた選手のみなさん
image001.jpg


大会に参加してくださった方々のユニフォームなど
たくさんのサッカー用品・用具を集めさせて頂きました。

そう、海を超え
~カンボジアの大地に送り届けるために~2010.2.14『大好きなサッカーを思う存分できる環境を整えたい!』
こんな思いからadi-sieメンバーとの協同によりこの大会が実現しました。
参加してくださった選手のみなさん、協力してくださったadi-sieの皆さん、本当にありがとうございました!!

集まったユニフォームはなんと100枚以上。

image004.jpg
思い出がたくさんつまったユニフォームたち。
そんな大切なユニフォームをたくさんの方々が寄付してくださいました。
みなさんの思いものせて、カンボジアの地に送り届けることを決意しました。
(子ども服もたくさん寄付していただきました!小学校の近所の子ども達に届けさせて頂きました。)


-------------------------------------------


カンボジア王国・シェムリアップ州(世界遺産アンコール・ワット遺跡がある街)
ここで暮らす人々のもとへ。

★小さいサイズのユニフォーム

ワット・ボー小学校のこどもたちへ
体育の授業でサッカーができることを願って。
(ある日本人女性がカンボジアの教育制度にはない音楽・体育・図工などの情操教育を定着させるべく奮闘しています)

★大きいサイズのユニフォーム

青年サッカーチーム『バプーオン・ユナイテッド』の皆さんのもとへ
大好きなサッカーを思う存分できる環境を目指して。


-------------------------------------------


サッカーチーム『バプーオン・ユナイテッド』
たくさんあったユニフォームは、あっという間になくなりました・・・

みんな真剣に選んでいます。メンバーは20人名ちょっと。
image006.jpg

お気に入りの1枚をゲットしたようです。
image008.jpg

image009.jpg

image012.jpg

image014.jpg

そのユニフォームを着て・・・
普段サッカーをしている場所へ。
image016.jpg
赤土の細い細い道を抜け、ひろがって見えたのがこの空き地、青い空の下、ここにたくさんのサッカー好きが集まります。
サッカーコートといってもラインはありません。

ゴールは木と木の間、地面はガタガタ・・・

小さいころから、誰に教えられるでもなく、“楽しい”から、ここでサッカーボールを蹴って遊んでいたと彼らは言っていました。

『バプーオン・ユナイテッド』のメンバーから、たくさんのユニフォーム、本当に本当に嬉しいです。
いつか日本に行って、adi-sieの皆さんと一緒にサッカーがしたい!
練習も参加させてください。サッカーを教えてほしいです。


image018.jpg
日が暮れるまでサッカーをしていました。
彼らの瞳は澄み、その輝く笑顔に、心の底からサッカーを楽しんでいるようでした。
サッカー用品・用具が少しでもそろうことで、大好きなサッカーができることをみんな喜んでいました。
日本で協力してくださった多くの皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。
温かいご理解・ご協力、本当にありがとうございました。


アナーコット・池谷友理香

その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。